読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リサイクルショップの裏話 (家電の買取やってます!)

名古屋市で家電のリサイクルショップを営む店主の日々の出来事やリサイクルショップの裏話など

決まっているパイを奪い合うリサイクル業界

大手のリサイクルショップさんが、どんどん多店舗展開を進めてますが

大丈夫ですかね。

個人商店はどんどん飲み込まれて潰れていきますが、個人商店の売り上げを

吸い取った所で、たかが知れてると思いますが・・・。

物販といものは、生産して販売するならば上限は一応ありませんが

中古の販売は数に限りがあります。

更に高齢化、人口の減少、若者の物離れ、買わずにシェア、フリマアプリで個人販売

などなど、良い材料は今後ないかと思いますね。

上場企業などは特に成長する義務がありますから、リサイクルショップの場合は

それが多店舗展開しかないわけで。

 

買取価格なども、どんどん上昇しておりますが、これも天井はあります。

粗利から経費を差し引て利益が出なければいけないので、買取価格の限界は

あります。

うちの場合は過去の事業で新品の商品を普通に物販していましたが、

新品を販売しても粗利2割から3割くらいはあります。

リサイクルショップで2割くらいの粗利では絶対潰れます。

なぜなら、リサイクルショップは引き取ってから商品化するまでの

経費がかかるからです。

なので、そんなに粗利が少ないなら新品を売っていたほうが、まだマシです。

しかも高く仕入れてたら販売価格が高くなり、お値打ちな商品を提供できなくなります。

リサイクル業界も少し考える所まできているのではないでしょうか?

www.nagoya-kaden.com